星読み2020③〜夏至から秋分〜

2020年6/21、太陽蟹座入りとなる夏至を迎えました。まずは2020年の星読み①②もぜひ、おさらいをかねて、確認していただけたらと思います。

星読み2020①〜トリプルグレードコンジャンクションがもたらす大変革〜

星読み2020②〜春分から1年のテーマ〜

2020年前半の要チェックポイント

6/21〜9/22までの約3ヶ月は、春分からのスタートで種を蒔き、芽を出しているものをグングンと育んでいく時間となります。

今、どんな芽が育っているか?その認識が重要であります。

さて、今年は非常にプレミアムな年。この半年間、毎月毎日がもう大イベントレベルです。そんな半年間から重要チェックポイントも確認しておきましょう。

1月→山羊座滞在中の土星&冥王星から、長年の縛り、制限を自分に課してきた『〜しなければならない』『こんな自分でいなければ』という様々な現実に反映してきた考え方や信条の【破壊】が起こりました。

その破壊から、『どんな風に新しく変わる必要があるか?』という課題を示されました。

あなたに起きた破壊はどんなものでしたか?そして、何をやめようと、変えようと決意してきましたか?

2月→人生の二本柱。【仕事(太陽)とプライベート(月)】

『あなたの幸せは?』について問われてきました。1月の破壊は、結構な強力さ。自分の人生に【矛盾や葛藤】を引き起こしている部分の思い込みをどう変えたり、自分の納得解を見出だしていくか?

また、強力な破壊があったからこその自分の『闇』に向き合う事を問われてきました。

あなたは自分の中にあった【矛盾や葛藤】に対して、どんな着地点を見出だしたでしょうか?

3月→春分の新しいサイクルのはじまりと、土星水瓶座期トライアル。

コロナウイルスをきっかけに、全世界レベルで自粛や強制力が強まりました。

今まで当たり前にできた事ができなくなり、身の安全が脅かされて誰もが大なり小なり、不安や恐怖を感じたと思います。

予想外の展開に、色々と断念せざるをえない事や苦しい状況になりましたが、拡大されてきた人間の欲望を削ぎ落とす流れになりました。

また、働き方も関わり方も新しいスタイルに改革がはじまりました。

あなたはこの3月からどんな新しいスタイルを仕事でも、プライベートでもはじめたでしょうか?また、それは1月から示された課題に沿っていましたか?

4月→内(家)にこもって、自分自身との対話、内観が非常に重要となった1ヶ月です。必要最低限の生活にシフトすることになったことで、『本当に必要なものの再確認』『私だからこそできること』に集中させられたかと思います。

欲望は向上していくために人間に備わっている大切な役目でもありますが、様々な制限がかかったことで過剰になった欲望を律する、削ぎ落とすことになりました。

『やりたいこと』よりも『できること』にも意識を向けてきたり、行動してきたことが多かったと思います。また、家にいる時間が増えたことで幸せを感じることもあれば、今まで目を背けていた問題も浮き彫りになったり…

自分がこれまで、日々どんな生活をしてきたか?家族や友人、仲間と過ごしてきたか?そんな結果を目の当たりにしたでしょう。

この月は、シンプルになったからこそ自然な流れで自分が何を選んできたのか?それはもう、この月に何を動かし、動いてきたか?を見れば明確です。それらがあなたにとって大切にしたいことであり、責任を持つべきものであり、決して手放しはできないものであるという事です。

あなたは4月、何を動かし、動いてきたでしょうか?またあなたが自分が新しく選んだことは何だったでしょうか?これはあなたの二本柱に欠かすことができないものであるでしょう。

5月→真実をみる。検証するがはじまりました。昨年の木星射手座期に取り組んできた理想実現の裏テーマ発見!でもありながら

1月の破壊の原因点にも、これまでとは違う視点から発見する…まさに、無自覚レベルからの理想実現です。

自分自身の真実をみたり、周りを見渡しての真実をみたりしながら、自分の思い込みで捉えずに様々な視点からフラットに検証や分析をしたり

新しい知識や情報、交流を通して、このタイミングであらかた自分がこれから進んでいく新しいルートを整えてきている時間です。

あなたがみた真実。そこから何を学べたでしょうか?

6月前半→日食月食タイムに突入。過去に区切りをつける、完了や整理整頓です。

あなたはどんな過去に関することを完了させましたか?

夏至から秋分について

さて、今年前半はいかがだったでしょうか?

春分から新しいサイクルのスタートですが、今年は1月からの流れからの繋がりが非常に重要。振り返ってみれば、ちゃんとストーリーがあるのです。

そして、いよいよ夏至から秋分。秋分からの実りを受け取る時間に向けて

芽を出していることに、どんな栄養や水分、光を与えて育てていくか?

6/28から来年1/7まで火星が牡羊座に入り

今回の夏至:蟹座新月からのスタートしてきている事にド集中!で突き進んでいく事になります。

という事で、まずはあなたが育んでいきたい芽は何か?明確である事が重要なのです。

自分自身のやるべき事に集中!

春分の星読みテーマから引き続きですが、自分を活かして周りや社会に貢献することに重きが置かれます。今、あなたにとって遠い理想を実現に向かうというよりも

今は身の回りです。二本柱は自分に適したように調われているかどうか?

生活基盤がどうあるか?信頼のおける人間関係は築いているのか?

7/2に土星山羊座期再来は、今年前半に気づいたり、変えてきたことや、大切にしたいものが明確になったことをふまえて、基盤や土台の最終仕上げ。

12/17から土星水瓶座期本番。そして12/22は木星と土星が風のエレメンツの星座である水瓶座でガッツリと重なり合います。

これが『風の時代にインする日』であり、約200年周期で切り替わるエレメンツの交代は生きている中で中々稀少な経験です。

すでに、目に見えた改革ははじまっていますがこれはまだまだ序章に過ぎません。

改革続きが待っていますので、その分、自分にとって揺るぎない基盤や土台は安心感安定感を自分に与えてくれます。

重しになるものがある、自分らしくかえれる場所がある…それがあるからこそ、遠くに羽ばたける。改革に集中しやすくなる。

自分のできること、そして自分にとって本当に大切なものを見失わずに、それを軸にして生活基盤を組み立て直す事に集中するのが、この夏至から秋分であります。

思っていても、考えていても、それだけでは組み立て直す事にはなりません。

必ず、行動と実践。それをやりやすい状況を促すのが火星牡羊座です。また、動きながら修正を加えていく事が大切になります。

コントロールを手放そう

今年後半は、こうして前半のセットアップから一斉に動きだすわけですが、誰もが自分が決めた、信じた道を突き進むことになります。

だからこそ、『自分の思い通りにしたい!』という欲望スイッチも入りやすい時間帯。

しかし、この時間帯は突き進んでいくけれどもどれだけ信頼できる人たちと共に協力関係で進めていけるかどうか?です。

一人で何もかもをやる時代は終了。だからこそ、誰と共に?が重要になります。

またそうして共に創りあげていくわけですから『我が我が』状態では中々難しいものです。後半はこうした協力関係からより、人間性や器を試されていくことになります。

そして、そこにはまず自分の役割の自覚。

自分に何ができて、できないのか?それを恥ずかしがらずに正直な自分で意思表示や伝えることができるのか?です。

自分の役割に集中すること。コレがお互いにできる関係性であること。

ですから、自分の思い通りに、事を運ばせたい…というコントロールが強くはたらいてしまうと思わぬトラブルの元。

また、社会的な流れでも今後まだ何が起きるかわかりません。

どんなに、自分を貫いて、突き進んでいくにも周りに関わる人のペースや社会の流れもしっかりと読みながらが重要になります。

意志力の発揮と柔軟な対応。これがやはりキーポイントになります。

自分がやるべき事をやり、お任せする。

それを実践できるかどうか?今年前半は鍛えられたはずですし、1月の破壊から示された課題に取り組んで、自分が変化成長してきたかを試されていく事になります。

また、今年は木星山羊座期のナチュラルに実現化!に向かっていよいよ突き進む流れ。

『実現』には自分がそれに見合った経験値を備えている事。

木星射手座期の理想実現のテーマとはカラーが違い、実現化には、力まず自然な流れで、気づいたら実現していた…という『ナチュラルな実現化』であるわけです。

『欲しい』が強いという事は『そうなっていない』前提のスタートになります。という事は、『欲しい、手に入っていない』思考で発言や行動をしていく事になります。

自分が実現化したい事に、これまで様々な過程をふんできているはず。そこから学びを得ているか?学びを得ていれば、それを活かして実現化するに相応しい発言や行動を起こせるようになってくるもの。

実現化するかどうか?が見えてくるのは秋分以降になりますが、自分が欲しい実現化があるだけにここでも、状況をコントロールしようと過程を疎かにしない事が大切になってきますし、これまでの経験から学んだ事には

失敗した原因、出来なかった事を理解して→『じゃあ、これから何をやめて、何をするか?』を持っている事。

ここに関しては、今年前半で気づいたり、発見した事が非常に重要になってきます。

1月から何を問われたか?毎月の重要チェックポイントから繋がってきます。

今年前半はナチュラルに実現化するための、いわば修行の部屋に入ったような時間帯でもあるのです。

今まで、実現化しなかったのには今年前半に問われた事、隠れていた自分の過剰になっていた欲望が『求めていた実現』よりも『隠れていた自分の欲望を満たす』方に傾いていた、それにしっかりと理解をされたかどうか。

それらも、あなたにとって思った通りの実現化ができるかどうかにとても影響するでしょう。

今年前半を活かせるかどうか?本当に試されます。

また、これまで目を背けてきた問題や課題が明確になっているならば、ぜひ解決するために腹を据えて取り組んでおく事をお勧めします。

来年は益々の改革が待っています。それを見据えるからこそです。

まとめ

夏至から秋分の要点をまとめておきましょう。

①自分のやるべき事をやる
②生活基盤を調える
③信頼関係を築いて協力しあう
④コントロールを手放す
⑤問題や課題を解決

また、春分の記事でもあるように、これからは個人のホロスコープ、また自分自身の適性や個性をしっかりと分析、判断しての行動が必要です。

星読みからのテーマは、あくまでも『指針』であります。どんなにホロスコープから様々な情報があろうとも

実際に自分がどんな思考回路を持ち、性質をもっているのか?心理的、精神的、肉体的な面からの分析や

普段からどんな行動パターンがあるかも理解する必要があります。

星読みは、決して何かを変える万能なものではありません。

どんな資質を備えているのか、未来の可能性や方向性を示す指針、また自分が経験から学んだことの答え合わせをするに必要な知恵や情報であり、自分の人生にヒントをもたらすもの。

様々な側面から情報は読みとれますが、それも星読みをする側やご自身がどう解釈し、解読していくかで左右してくる一つのツールにしか過ぎません。

何かの情報に偏ってしまったり、依存し、迷信しすぎるのは本来の自分を見失うことになりかねません。

自分自身で感じ、考え、判断する。選択する。決断する。自分の言ったこと、行動に責任を持つこと。

当たり前だと思われる事のようですが、こうしたことを、どれだけ真摯にやるかどうかが本筋です。

そのサポートに星読みがプラスアルファで加わるくらいです。

自分軸、自分の指針をしっかり持って、この夏至から秋分。ご自身が決めた道を突き進んでいただけたらと思います。

お悩みにあわせたお勧め講座

◆今の自分自身を知りたい、スピリチュアルと何かを知りたい方は在処のいいとこ取りな

自己マネジメント1day講座へ

◆転職、働き方についてお悩みの方は

転職座談会

◆このまま結婚できないかも…と不安な方は

婚活座談会

◆子育てのアレコレに頭を抱えている方は

子育て座談会

◆変わりたい!けど矛盾や葛藤をどうしたらいいかわからない方は

思考を解放する思い変え講座

◆人間関係に疲れてる、友人やパートナーとの関係に悩んでいる方は

感情とコントロールドラマ講座

絆を結ぶ星活セミナー

ご自身のお悩みにあわせて、ご活用いただけたらと思います。