ネガティブな感情こそ 感じなければもったいない

 

大人になると
感情的であることは
子供っぽいと責められたり恥ずかしいことと言われることもあって
なかなかそれを表現することは 難しいですよね

しかし私たちは人であるということは
感情は湧き上がってくるもので
この感情が意識の元(原因)になっているのだとしたら
意識も感情も
我慢して 抑制しすぎてしまうと
どんどん溜まって 苦しくなってしまいます

自然に湧いたのなら 自然に消えることもありますが
それは 時間をかけて忘れるしかありません

ですから何かしらの方法で 
解放・発散することが
もっとも手っ取り早いと思います

運動するのでも
カラオケで大声で歌うのも
人にグチるのも
やけ食いもアリです

でもこれらで発散するときには
その前に 
しっかり感情を感じきってください

くやしい 悲しい 寂しい 嬉しい 楽しい。。
様々な感情を しっかり感じて
自分自身のものにしてから
そのあとに 発散するか解放するか
ご自由にどうぞ

ネガティブな思考や感情を持つことは
良いことではないと
一時期言われていたこともありますが
私はそうは思いません

成功体験より
失敗体験の方が学びがいのある経験値ですし
自分勝手、わがまま勝手にとらえがちな
ポジティブ思考より
ネガティブな思考を「思い変える」ことで
未来志向になった方が

良きも悪しきも
まさにありのまま 持ったまま
あなた自身でありながら 変化できるのです

感情を忘れるために 発散や解放しても
あなたの心に納得いく経験値にはなりません

感じきって やっとあなたのものになるのです