在処塾には20代、30代、40代、50代などの幅広い年齢層、そして、主婦、商社勤務、OLさん、美容系コンサル、サロンオーナー、講師などの様々な職種の方がいらっしゃいます。

今回は、在処塾2期を修了し、見事、転職を実現させたYさん(20代)にインタビューをさせていただきました。

私が質問するよりも前に、Yさんは堰を切ったように話してくれました。

“恋愛や結婚はしなくてはならないもの” と思い込んでいました

Yさん:
星の流れって面白いですね。
自分がどうしよう、こうしようというのは歯が立たない。
「流れに乗れ」ってずっと言われてましたが、抵抗してもしょうがないんだということがよく分かりました。

転職活動は、在処塾でずっと言われていた、「人知を尽くすと、流れに乗る」ということが「こういうことか~!!」と実感する体験でした。

海藻:
在処塾に来る前は、どんな状態だったのでしたっけ?

Yさん:
恋愛や結婚をしなくてはいけないという価値観にとらわれていました。
周りもみんな結婚している人が多いし、親からもプレッシャーで。
20代後半で結婚してない自分っておかしい?と、焦ってしまって、、、。
「何がしたいのか分からない。変わりたい」というのはずっとあったんですが、自己肯定感がすごい低くて、、、。

今思うと、何であんなに(恋愛や結婚に)執着してたんだろう?
強迫観念がすごくて、誰か早く見つけなくちゃならないって、、、
これって、他人軸ですよね(笑)。

女の子は守られるものとか、幸せにしてもらう、大事にしてもらいたいって、ものすごい思い込みがありました。

自分を幸せにできるのは自分しかいない

海藻:
在処塾を経た今は、どんな風に思っているんですか?

Yさん:
「自分を幸せにできるのは、自分しかいない」と今は思います。
自分の価値観がこんなに変わるなんて、面白い(笑)。

変われたなと思えたのは、転職活動を本格的に始めた1月ですね。
12月くらいに変化が見え始めて、1月で”変わってきている”という自信をより強く感じるようになって、2月に確信に変わりました。

在処塾で新しい知識を得てから、4、5か月目から変わり始めて、認識できるようになったのが、半年後くらいってことでしょうか。

具体的な行動を起こして、すごく実感しました。
世界が変わるというのは、こういうことかと。

そこに至るまで、(魂の向上スパイラルの)『情報』から始まって、本っ当に行動したのが1月(在処塾スタートの約半年後)でした。

「つもり」でなくきちんと「行動」する。そうすると世界が変わる

Yさん:
びっくりしたのが、書類選考で結果待ちの時です。
結果待ちなのに動くのはおかしいかな・・・と思いつつ、どうしたらいいのだろうと悩んでいた時に、梅雨子先生に相談しました。

「もっと行動できることはないか?出来ることを全部やっているか?」
と言われたことで、自分としては行動していたつもりだったのに、自分が「行動しているつもり」になってただけだったと分かって。

3社目に登録して、より多くの会社を見ようともっと行動し始めた瞬間に、書類の結果が来たので、動くと世界が動くんだなと思いました。

星野梅雨子:
そうなのよね。
自分がひとつの物体として動いている時は、振動している。
これを止めると、振動が止まってしまうので、ほかの波及が来なくなるのよね。

Yさん:
本当にそうですね。

ここまでやって『スパイラル』は周れたかな~と思います。
『情報』を得て、『行動』して。
面接を受けて、感覚で「ここ、違うな」とか分かるようになったので、『直感』が上がったのかなと。

一年前の自分がこんな風になれるなんて想像できなかった

海藻:
在処塾で学んだことは?

Yさん:
いっぱいあって、困っちゃうんですが、、、。

入っていなかったら、こんな風に転職活動に踏み切ることがなかったし、今までのことを肯定的に捉えることができなかったし。
一年前の自分は、こんな自分になれるなんて想像もできませんでした

マーサ先生の星読みも、転職活動中に、今日はこういう流れだと意識しようと思ったり。
「予期せぬことが起こります」と言われても実感できなかったんですが、実際に起きたときに「こういうことか」って思って。
「こういうことがあるから流れに乗るってことか」と、在処での学びと星読みのつながりが見えて、『星を活かす』活かし方が分かってきたのも嬉しいです。

海藻:
在処に来る前の自分に何と言ってあげたいですか?

Yさん:
「行動しよう」ですね!!

海藻:
行動できなかったのはなんでだと思いますか?

Yさん:
変化が怖かったです。

今よりいい会社に入れるのかな?親も安心してもらえるかな?親に心配かけたくないな~とか。
性格的に人の期待に応えたいという思いが強かったので、親が期待するどおりに動きたいと思って、行動にうつせなかったんです。

海藻:
何故行動できたんでしょうね?

Yさん:
いろんな出会いがあって、物事にはタイミングがあって、どれも大事で。
Sさん、H先生との出会いや失恋も、、、(笑)。
すべていいタイミングであって、失恋があったからこそ、梅雨子先生に会ったし、在処塾もやろうと思ったし。
すべてが重要、すべてが必要でした。

星野梅雨子:
ちゃんと『理(ことわり)』に沿って生きていると、こうなるのよね。
みんなコントロールし過ぎ。

「それしかない」って思っている人に「変われるんだよ!」とおしえてあげたい

海藻:
在処、在処塾は、どんな人に勧めたいと思いますか?

Yさん:
今まさに、20代後半で、”結婚しなくちゃいけない”それしか見えてなくて焦ってて、辛そうなのを見ると、恋愛だけじゃなくて何かしらに”それしかない”って囚われてる方に、「変われるんだよ!」って伝えたいですね。

今回転職が決まってびっくりしたのは、職場の人たちから、転職の話を聞きたいと言われて。
みんな言わないけど、悩んでるんだなって思いました。

Yさん、素晴らしい成長、進化を見せてくださって、ありがとうございます!
これからもどんどん、Yさんらしさに磨きがかかっていくのが楽しみです。

ホロスコープ、越えちゃって!!